今さら聞けない手水舎の作法と解説。なんて読むの?

・何て読むの???

正式には、

ちょうずやちょうずしゃてみずやてみずしゃ

と読みます。

・手水舎について解説

手水舎は、参拝に来た人が身を浄めるために使う施設のことを指します。

水盤舎(すいばんしゃ)、御水屋(おみずや)と呼ばれることもあるようです。

参道脇やお堂脇にあるアレです。

・手水舎の起源

昔は、境内の近くを流れる川や湧き水にて身を清めてとされており、

見たことがある方も多いとは思いますが、

伊勢神宮の内宮の途中に五十鈴川というのがあるのですが、昔はここで身を清めてから参拝をしたようです。

ただ、場所によっては、近くに川や湧き水がない場合もあり、次第に境内に手水舎が置かれるようになったそうです。

・手水舎の作法

1、右手で柄杓(ひしゃく)を持ち水を汲みます。

2、左の手にそそぎ清めます。

3、柄杓を持ち替え、今度は右手を清めます。

4、再び持ち替え、

左手のひらに柄杓より水をそそぎ、

その水にて口をゆすぎます。

*間違ってもここで、柄杓に直接口をつけてはいけません。

5、ふたたび左手を柄杓の水にて清めます。

6、柄杓をまっすぐに立てて、残った水で柄の部分を清めます。

7、柄杓を伏せて元の場所に戻し、口と手をハンカチなどで拭きます。

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ