お賽銭っていくら位が良いの?正しいお賽銭の作法ってあるの?

御朱印を頂くためではなくても、神社仏閣を訪れることは多々あると思います。

そんな時、皆さんはお賽銭っていくら位入れていますか?

・・・

さていくらが良いのでしょうね。

私が思いつく金額といえば、

「五円」があります様に、

ご縁がありますようにという、

とても縁起のいい語呂合わせですよね。

・縁起のいい語呂合わせ

そこで他にもないか調べてみました。

  • 5円:ご縁がありますように
  • 10円(五円2枚):重ね重ねご縁がありますように
  • 15円(五円3枚):十分ご縁がありますように
  • 20円(五円4枚):良いご縁がありますように
  • 25円(五円5枚):二重にご縁がありますように
  • 30円(五円6枚):安定と調和のとれたご縁がありますように
  • 35円(五円7枚):再三ご縁がありますように
  • 40円(五円8枚):末広がりに五円がありますように
  • 45円(五円9枚):終始ご縁ありますように
  • 50円(五円10枚):50の縁がありますように
  • 55円(五円11枚):いつでもご縁がありますように。午後に納めるとご縁がある。
  • 105円(五円21枚):十分にご縁がありますように
  • 115円(五円23枚):良いご縁がありますように
  • 125円(五円25枚):十二分にご縁がありますように
  • 485円(五円97枚):四方八方からご縁がありますように

など五円玉の枚数でいろいろ語呂合わせがありました。

最後の五円玉97枚は、持ち歩くのが大変そうですが、

これだけの語呂合わせがあるとは、五円玉はお賽銭の代表ですよね。

また五円玉や50円玉には、

「先が見通せる」「先行きの見通しがいい」

などの意味も込められているようです。

・その他の語呂合わせ

他には

  • 11円:いい縁がありますように
  • 29円:福が来ますように
  • 41円:終始いい縁

などもいいようです。

NGな語呂合わせ

では逆にお賽銭に向かない、避けたほうがいい硬貨はあるのでしょうか?

  • 10円:10円は「遠縁」と読めるためだそうです
  • 500円:これ以上大きな効果(硬貨)がないからだそうです

・縁起が良くない語呂合わせ

  • 33円:散々な結果になる
  • 65円(五円13枚):ろくなご縁がない
  • 69円:ろくなことがない
  • 75円(五円15枚):泣くようなご縁、なんのご縁もない
  • 85円(五円17枚):やっぱりご縁がない
  • 95円(五円19枚):苦しいご縁

などが主なところです、

あくまでも語呂合わせですが、一つの参考にしてみてください。

・まとめ

お賽銭の額はあくまでも気持ちで、

そして神様や仏様への感謝の気持ちのあらわれです。

その時、自分が備えたいと思った金額が正解ではないでしょうか?

・最後に一つ

これだけは良くないという事柄がありましたので、記載しておきます。

それは、

お賽銭は思いっきり放り投げてはいけません!

お賽銭にはお供え物という意味があるため、

賽銭箱へ、思いっきり投げ入れるような行為はやめましょう。

では、

初詣などで、賽銭箱の近くまで行けないような時はどうするの?と、

うちのおばあちゃんに聞いたところ

下手から投げ入れなさい」

と言われました。

本当かどうか定かではないですが、私としては一理あるなという感じです。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ